ブログBlog

2020.10.17

熱の移動と水分子を考える その⑩『屋根の雪景色と熱と水蒸気移動』

顧問の坪内です。
いつも池本工務店の事業にご支援ご協力いただきまして、ありがとうございます。

先週は、わが社の池本社長が太陽と地球と住宅の熱にどのように関わっているかと、
「水分子の三様態」の概念のお話をしました。
今回からは私の得意とする、屋根を絡めた熱と水のお話をします。
少しマニアックになりますけど辛抱して読んでください。

今回からは屋根の雪模様を観察して頂く為に、写真を大きくしています。


友芽ちゃんの通園路

私には現在、孫が5人おります。
娘の2番目の子で長女は『友芽ちゃん』といって、現在は小学校2年生です。
今は同じ道を3番目の『実久ちゃん』も通っています。

2018210日、友芽ちゃんを幼稚園に連れて行く朝は雪の日でした。
降雪した屋根は、人が住んでいる様子を観察するには絶好の風景です。
帰り道にはスマホを構えて、色々な屋根の写真を収めました。

以下、融けた屋根の雪模様を見ながら、建物の構造や住まい方を解説します。
赤い線は、近鉄奈良線の踏切を渡って北へ進み、幼稚園に到着する道筋です。
その間、色々な屋根を観察します。
その帰りに①~⑨の屋根を観察撮影しました。
更に218日には、同じ屋根で雪の無い状態を観察撮影しました。

通常の屋根の状態

1. ① 現場はカラーベスト屋根の積雪模様

住まう人が
を発生させます。また水蒸気を発生させます。
この2つが結露の発生に影響します。
更に、冬季は暖房の為にストーブや炬燵、エアコン、床暖房を使用します。
一方、水蒸気の発生は人間の気付かない間に行われています。
風邪対策と称して加湿器を使用します。
洗濯物を室内で干します。
朝・昼・晩の食事の支度、夕方のバスタイム等、様々な活動で水蒸気を発生させます。
人間は就寝時にコップ23杯分の水蒸気を発生させていると言われています。