ブログBlog

2020.10.24

熱の移動と水分子を考える その⑪『屋根の雪景色と熱と水蒸気移動2』

顧問の坪内です。
いつも池本工務店の事業にご支援ご協力いただきまして、ありがとうございます。

前回に続いてカラーベスト屋根の雪模様です。
「友芽」ちゃんが通う幼稚園の校庭前にあるアパートの屋根上にある、
雪の融け具合で人の有無や建物の構造の話をしました。
今回も同じ場所から少し離れた位置のアパート屋根の観察をします。

② ドーマーのあるアパートのカラーベストコロニアル屋根の積雪模様

住まう人が熱を発し、水蒸気を発します。
この二つが小屋裏の結露の発生に大きく影響します。


少し遠くに遠くにあるアパート
ここでは熱を中心に考えます。
この建物は連棟式の寄棟屋根のアパートです。
右側にあるアパートと比較して、屋根に雪のある部分と無い部分がハッキリと分かるので、興味を持ち近づいて見ました。


通常の屋根の状態
まず、後日撮影した雪の無い時の屋根の写真を観察します。
屋根にあまり大きな変化はありません。
①この位置からは6戸のベランダとドーマー付きの屋根が観察されます。
②さらに右側の方にはもう少し続いているようにも見えます。
2階の左3戸の窓にはカーテンが無いように見えます。