ブログBlog

2021.04.03

住宅の外部環境と小屋裏・内部環境を考える その②『農家屋の錆びた屋根』

顧問の坪内です。

いつも池本工務店の事業にご支援・ご協力いただきまして、ありがとうございます。


先週は京都北区部あった「亜鉛メッキ鉄板製の錆びた屋根」の『農家屋』についてお話をしようとして脱線し、日本の気候区分から近畿地区の気候区分の話をしました。

2008.
7月、京都北部に京都府の公共施設があり結露調査に行きました。
大阪からなので、池田から亀岡を抜けての道中で昼食に蕎麦屋で腹ごしらえをしました。
「まつばら」と言うお店でした。
下が食事を終えて、取りあえず撮った当時の写真そば処「まつばら」です。


昼食をした蕎麦屋「まつばら」


そして、少し遠くに見えた「錆びた屋根」の『農家屋』が下の写真です。
いかにものんびりとした田んぼの中に建っています。



錆びた屋根の「農家小屋」


少し近づいた写真です。
良く観察すると、左側には酷く錆びた屋根が有ります。
2
階の建屋の1階と2階の錆び模様が違います。


少し近づいて観察

さらに1階の屋根の中でも部分的により錆び模様が違います。
屋根の中ほどから上と、軒先部、壁際には明らかに差があります。
手前の庇になっているような錆び具合も異なる錆び方です。
又、縦模様に錆びた部分とそうでない部分が観察されます。


農家小屋の1階屋根


少し遠くの建物の屋根はかなり錆びています。
手前の2階建ての小屋より建てた時期が少し前だと思われます。