ブログBlog

2021.07.03

住宅の外部環境と小屋裏・内部環境を考える その⑩『弁天町の金属屋根経年変化』

顧問の坪内です。

いつも池本工務店の事業にご支援・ご協力いただきまして、ありがとうございます。

前回は京都北部の2013年~2020年の年代別に調べた 『 屋根材の種類別経年変化 』 と阿倍野界隈のマンション屋根調査を行った時、ついでに周囲の屋根を撮影した話をしました。
そのゴチャゴチャした写真の中から金属屋根の腐食を探して見ました。
私が金属屋根の経年変化を見つけて写真に収めるのは「人間の姿」の観察と同じだからです。
人も鉄も自然に晒されて生き、自然に帰って行くのは『輪廻』の世界に思えます。
さしずめ人間が化粧をすることは「塗装」をする。
薬を頂くのは「溶融亜鉛メッキやガルバリュウム」被覆の処理を行う事だと思います。

今回も同じように弁天町界隈の屋根屋上より撮影した屋根を見てみましょう。
弊社、池本工務店は先代社長の池本知年が昭和213月愛媛の島より船大工として上阪し、
昭和273月大工工事業として創業、昭和324月池本工務店の称号で建築請負業を開始しました。
港区を中心に事業を行っていた関係上、現在は会社近くで経年劣化の住宅補修やリフォームの依頼を受注します。
今回も先代社長の手掛けた住宅の雨漏り調査で屋根に上がりました。


弁天町界隈のグーグル写真


上記はグーグル写真でJR弁天町駅から北方向に、弊社本社ビルから南へとの中間に位置する場所です。
赤色星印は先代社長の手掛けた築50年ほどの陸屋根住宅です。
3
階の押し入れ部分の天井への雨漏りのようです。
天井裏を覗いて見ると梁にシミが有ります。


天井裏のシミ


雨漏りの原因は外壁部のクラックと屋根の排水口と思われます。
取りあえず怪しそうな箇所を写真撮影です。


陸屋根排水口


落とし口と壁面


そして周囲の住宅屋根を11枚ほど撮影しました。
その内の2枚を合成して金属屋根を探しました。
住宅前面の道を挟んだ東側の一角がターゲットです。
やはりグーグル写真で上を東にした3Dにして見ました。


弁天町界隈のグーグル写真の3D


古い屋根が並んでいます。
屋上に増設された部屋があります。