ブログBlog

2021.07.17

住宅の外部環境と小屋裏・内部環境を考える その⑫『大阪市内の金属屋根経年変化観察』

顧問の坪内です。

いつも池本工務店の事業にご支援・ご協力いただきまして、ありがとうございます。
前回は大東市等の金属屋根経年変化について、雨漏り調査中に周囲の屋根を撮影した話をしました。

今回も同じように生野区の瓦棒3件と住吉区の金属屋根の色々を観察してみましょう。
下記写真は生野区のグーグル写真で上を北にして撮影したものです。
周りにはカラーベスト系屋根が多いようです。
真ん中にいぶし瓦の5060年ほど前の家が2棟あり、その隣はカラーベスト系屋根です。


生野区の屋根グーグル写真


更にグーグル写真3Dの南を上にしてみました。
金属屋根・瓦棒屋根に①②③と番号を振って一つ一つを観察して見ます。
各々のお家は南北に各々同時期に金属屋根で増築したようです。


生野区の屋根グーグル写真の3D


増築の時期は①②③の順番の様です。
それでは①から順番に見てみましょう。


右側住宅の3階からの風景


まず初めに左側奥の①瓦棒写真です。
30
年位前からのもので再塗装無しの屋根です。
全体的に綺麗な感じで均一錆びているように見えます。


②メンテナンス無し棒屋根


次に真ん中②の瓦棒写真です。
通常の瓦棒サイズに比較して少し巾広に見え、中程に継ぎ手が有ります。
近所の板金屋さんが、工夫して施工したように思われます。
さらに、再塗装してあるような艶が有ります。


①完全自作の棒屋根


右側手前の③の瓦棒写真です。
多分一番新しい瓦棒です。
再塗装にムラが有るように見えます。