ブログBlog

2022.10.15

住宅の外部環境と小屋裏・内部環境を考える その ㊽ 『 屋根の雪 ⑥ 』 

顧問の坪内です。
2022.08.27 のブロク で我が家の購入の経緯をお話ししました。
当時私は以前の会社で、リフォームを担当していましたので、
古い住宅 (昭和55年以前:1985) と2015年代の住宅性能に興味がありました。
即ちこの30年間で何がどの様に変わり、
私たちの生活に変化を与えたのか、自分の家で知りたかったのです。
そして、今まで知り得た知識を少しだけ注いで見たのです。
それを中古住宅で行うために、奈良に住むことに決め、
30年程経過した住宅を購入しリフォームしました。
建物は昭和49(1974年築)の在来木造住宅です。

以前にもお話しましたように、この物件にたどり着くまで
250
軒ほどの住宅を見ました。
住宅を探し歩いて、たまたまこの住宅の前で車を止めて、
この家が売りに出ないかなと休息した1週間後、
学園前の不動産屋さんから連絡があり、
「恐らく坪内さんの希望のお家が見つかった。」と連絡がありました。
即ち
1.
 奈良市、生駒市にある
2.
 日当たりの良い
3.
 在来木造
4.
 切妻住宅
5.
 南北に長い住宅

そして購入したのがこの住宅です。
この写真は北面から撮影していますので、撮影時屋根部分は太陽が当たりハレーションを起こしています。
周囲は植木が多く植えられています。
この住宅は該当区画で4棟ほどの建売住宅であったとか。
細部を調べると随分酷い施工箇所もありました。

         購入時の住宅


リフォーム後の外観は下記写真のようになりました。
2008.02.03
の朝の写真です。
この住宅の2007.12.28日から2008.08.13までの温湿度のデーターを実測しています。
ここで必要なデーターは
1.
 外気温度
2.
 外気相対湿度
3.
 屋根材の表面温度
4.
 小屋裏の温度
5.
 小屋裏の相対湿度
です。

次にこの実測値をグラフにしてみます。
雪に埋もれて見えませんが、玄関の上にはソーラー換気棟が設置されています。
細部の拘りの箇所を説明すると長くなりますので又の機会とします。

      2008.02.03日の雪の我が家


2007.02.02日の午後18時の外気温度は3.9℃で、
2007.02.03
日の午前4時に0.8℃まで下がり、それから1℃前後で安定します。
2027.02.02日の午後18時の外気相対湿度69.4%で、
2007.02.02
日の午前24時に91.3%まで上がり、それから91%℃前後で安定します。
2007.02.02日の午後18時の小屋裏温度は12.9℃で、
2007.02.03
日の午前7時に9.6℃まで下がり、それから8時に9.9℃と上がります。
2007.02.02日の午後18時の小屋裏相対湿度37.8%で、
2007.02.03
日の午前8時に48.3%まで徐々に上がっています。
2007.02.02
日の午後18時の屋根表面温度は3.6℃で、
2007.02.02
日の午後23時にー0.1℃まで下がり、それから8時までー0.1℃で安定しています。
という事はこの温度セナンサーは雪の中に埋もれていると言う事になります。
この日の外気温は1.7℃で以降4時に0.8℃になるまで1℃と安定しています。
同様に外気の相対湿度も91%と安定しています。
雪が深々と降り積もっています。