ブログBlog

2022.10.29

住宅の外部環境と小屋裏・内部環境を考える その ㊿ 『 屋根の雪 ➇ 』 

顧問の坪内です。

前回は200.02.03の我が家の雪景色と風向・風速の話から
石垣「生駒石」とモニュメント「四神」の話に脱線しました。
そして当日は北北西の風が吹いていたとのデーターでしたので、
我が家の南側の庭には雪が少なく
縁側も少し濡れた程度です。


      縁側のある南面庭


この縁側にも少しの拘りがあります。
通常、和風屋根にする場合の樋は丸樋です。
ところが丸樋は断面積が少ないため、
落とし口付近の軒樋を低くする必要があります。
軒樋を水平に保ちながら竪樋を見えなくししたいのです。
和風の軒樋の納まりでは軒樋金具には鼻隠しが邪魔になります。
そこで専用の軒樋金具(鶴くび)を作る必要があります。

     専用つるくびの軒樋


写真は正面玄関の寄席棟屋根と南北に長い2階の切妻部です。
ここの写真の中にある拘りの施工箇所です。
1.
竪樋の納まり
2.
見えない野地裏(2段破風)
3.
ケラバの納まり
4.
棟巴の納まり
5.
軒樋の金具(前段で説明)
6.
寄棟面戸の納まり
7.
ソーラー換気棟
8.
軒天塗装87.軒樋の金具
9.
玄関ポーチの納まり
10.
外壁テーター収集の温度湿度センサー

さてまず 1. 竪樋の納まりの納まりです。
  ①竪樋は通常「でんでん」と呼ばれる竪樋金物で固定します。
  ②下の写真では竪樋はポーチ壁の中に入っています。
  ③そうです、このボーチ壁は柱を2本使用し、
    その真ん中に竪樋を入れて落としています。