ブログBlog

2024.01.27

建物の外部被害に関わる資料 その 36 『 台風21号 ⑥ 』

顧問の坪内です。
いつも池本工務店の事業にご支援頂いてありがとうございます。 

前回、学んだ台風2018.21号の大阪湾内での被害は関西国際空港被害を代表とする高潮でありました。
大阪市では最
瞬間47.4m/sを観測し、45m/s以上を観測するのは半世紀ぶりであるとの情報もありました。一方、大阪府内の被害は車両の横転が発生したり、大型看板の破損などが多数発生しました。
また市内全域で約8,430本の樹木が倒壊したことも報告されています。

更に泉南地区を中心にした建物被害も甚大でした。建築用クレーンの転倒や、建築工事用足場の倒壊、
特に高層ビルでの被害はJR阪駅からほど近い、高さ173.05 m新梅田シティの梅田スカイタワー各部でガラス破損など被害を受けました。

    大阪管区気象台の場所(グーグルルマップ)


梅田スカイタワーの高層階でガラスが破損したとの情報があった時、
原因は何かの興味はありました。
ガラスの補修は201811月に行われています。下の写真はその時期のものと思われます。
この時のグーグルストリートビューで確認すると
①タワー・イーストの高層階で南側の窓ガラスは割れたままです。
②タワー・ウエストの南側、吹き抜け近くの部分の窓ガラスは補修されています。
③ビルの中程に②のガラスの補修用のゴンドラがあります。
 そして屋上で作業中のタワークレーンが見えます。
④屋上庭園の下の軒天が破損しています。